田舎の行事終了~!八幡様と子ども相撲

田舎で、八幡様のお祭りが行われました。
今年は、当番家でした。
義父母から、御社の供物準備と
当日の、全てを任されていました。
神様のお手伝いです。
光栄な事だと思いました。
初めての事ですが・・・
大丈夫!任せてください! 

  DSCN4279 (640x615) 

とは言ったものの・・・
たった一枚の、参考写真があるだけです。
ここは、神頼みするしかありませんね。

ご奉仕先の神社で、その話をすると
宮司さんや神主さんが
柱にくくりつける、大きな榊と細い縄
花瓶用の小さい榊
地域に合った形が選べるようにと
数種類の御幣を作って、持たせて下さいました。
このご恩は、忘れるまで忘れません。
とか、言いません。
ちゃんと、ご奉仕でお返しします。

野菜や、乾物のお供え物を買い揃え
朝8時集合に間に合うよう、家を出ました。

当番しか開けられないという、御社の扉を開け
掃き清め、拭き掃除を済ませてから
供物を整えました。
野菜の頭を、神様に向けるように・・・
うちで採れた、さつま芋を供える時に
どっちが頭かな?と迷いました。

立派な御幣で、飾りが素晴らしいと
世話役さんが、褒めて下さったので
嬉しかったです。
この事は、早速宮司さんにご報告しました。

近所のひとが
榊を山から切って来て下さいました。
充分足りていましたが
有難く、半々使わせて頂きました。

祭が終ると、供物をお下げして扉を閉め
御幣と榊は、来年までこのままです。
次回の当番は22年後です。
わたしは、年を重ねていられるでしょうか?

DSCN4267 (597x640)  
  

向こうが、子ども相撲の土俵です。
地域外へも招待状を出したので
賑やかな一日でした。

森も御社も、また寂しくなるでしょう。

DSCN4258 (640x465) 

さて、役目も終わりひと息つきます。
いつの間にか、庭に網が張ってありました。
特に、鳥獣が出る訳ではありません。
仕切りがないと、落ち着かないのでしょう。
 
この位置に椅子を置いて
果樹園の構想を練っていましたが
居眠り~ばあちゃんかっ!と思いました。


DSCN4314 (640x480) 

何と!うちに銀杏の雄木がありました! 
今まで、気づかなかった!
向こうは、黄葉したもみじと、大きな桜の木です。

DSCN4305 (480x640) 

手入れでもしようかな~と、庭へ入るのですが
今回も、手つかずのまま挫折しました~!


DSCN4295 (480x640)
母ちゃん~
いい子にしていたからおみやげよ~って
これ?

DSCN4342 (569x640) 

ヒヨコカエル
どっちにしようか、迷ったんだって。
買わない、という選択肢はないんかい!
 

  

にほんブログ村 花・園芸ブログ 小さな庭へ


コメントの投稿

非公開コメント

桃_太郎さ~ん

そう!八幡さまです。
この日だけは、人々の笑い声が賑やかに響きますが
日頃は、シ~~~ンとした鎮守の森です。

桃_太郎さんも、今年は宮守りなんですね。
町なかでは、煙草を吸う学生が入って焚火をしたとか
たむろして困ったとかで、管理をするにも問題があるようですが
田舎では、鳥かリスが柿を持込んで食べていたくらいで
可愛いもんです。

相撲は盛り上がりました。
しかし、ほとんどがよその町内から参加した子です。
竹に、御幣と図書券入りの熨斗袋が挟んであり
横綱・大関・小結と書かれていました。
中入で、地域のひとにお神酒を飲んで頂きます。
こどもは、たこ焼き無料食べ放題、大人は買います。
作る側も素人なので、上手に焼けるようになった頃
祭りは終わりました。

都月満夫さ~ん

北海道には、こんな伝統がないんですか。
電灯はあるんですね、しかもLED!
10年3653日・・・20年7306日!
22年は長いなあ~   みつを
したっけ?

みゆき~ん

凄いよね、掃除をしたら中から木札に書いたものが出て来たけれど
聞いたことのないような年号だったよ。

後ろに控える偉大な自然を、神として祀り
全ての願懸けをする為の、拝殿として建立された御社だそうよ。

伝統のバトンを手渡す相手が逃げたら?
もう一周、私が代走するだけだよ。

ゆずぽ~ん

いやいや、独房は寒くて寂しかったよ~
って、そのおつとめじゃないわ~!ヽ(´Д`;)ノ

22年後、果樹がいっぱい生っている・・・。
いいねぇ~果樹楽園か。
実は、きのう超超超平凡なりんごの木を
また買ってしまいました!
もう~~~~~~~~~どうしましょう!
ま、いいか。

青翠さ~ん

青翠さんには、出来ない事がないので大丈夫ですよ。

振り返ると、そんなに案ずる事もなかったような・・・
というか、何も案じてはいませんでした。
私には、誰かが助けてくれるという、根拠のない信念があります。

いつもの神社へ行き
コーヒーを淹れに来ましたぁ~!と
例の参考写真を、宮司さんの目の前に置きながら言ったら
高いコーヒーにつくなぁ!と言って笑われました。

受付や電話番のご奉仕をしながら待っていると
祀り事の合間に宮司さんが、チョキチョキと
御幣を作り始めて下さるではありませんか。
自分では入手出来ない材料を整えて、送り出して下さいました。

しかし、22年後に生きていたとしても
あのタラップのような階段は登れないでしょうね。
お社の床が、朽ち果てているかも知れません。

準備が整った頃、文化財指定に・・・と考える
郷土研究家のひとが、申請写真を撮りに来られました。
そうなったら、22軒で守るには負担が大きいですね。

日本一の果実さ~ん

果樹の20年は、価値ある年月でしょうね。
今からでも遅くないですかね。
庭の垣根に【柿】という希望が義父から出たので
シャレかい!
ではなくて・・・
突き進もうとしていたりんごに、ブレーキをかけました。
本当は、柿なら垣としてこのL字へ植えるより
菜園のほうが、土もいいのにと思っています。

今りんごを植えたら、22年後には立派でしょうね。
それを見て、今回の事を自分で思い出せるでしょうか?
3日経ったら既に、忘れようにも思い出せない記憶だったりして!
このブログをめくって見て・・・?
そんなに、続けてはいないでしょうね。

イチョウの雄は、まだそんなに太くなく
しかも、誰が植えたのか分かりません。
追加で私が雌木を植えたら、臭い臭いと思い出して貰える?
いいですね~~~!
良くないわぁ!

ムクロジさ~ん

この当番の件は、春から頼まれていました。
近所のひとにとっても、相当気を遣う役割だと思われます。
日頃、私がご奉仕に行っている神社のみなさんに
助けていただきました。
これが本当の神頼みです。

お陰で、大昔からの伝統行事を、次へつなげる事が出来ました。
来年の当番家のひとが、見せて貰おうと言っておられましたが
二軒で引き継ぎながら、一緒にすればいいのにと思いました。
一回すれば、毎年でも出来そうです。

母ちゃん、にぎやかにカエル・・・。

ムクロジさん、気をつけて移動して下さいね。
めめちゃんはお留守番ですか?

おお!!八幡さまですか? 私のところの神社と同じ名前の社です。
今年は、私が宮守りを仰せ遣っております。
子供相撲が今でも残っているのですね。私のところは私が小さい頃はありましたが今はありません。子供も少なくなりましたからね。

大変でしたね。ご苦労様です。
そちらは、そういうことが受け継がれているのですね。
北海道にはありません。伝統がありませんから・・・。LED
22年後、長いなあ~^^
したっけ。

凄い伝統だべさ
伝統を伝えて・・・伝えて
バトンタッチの相手が逃げたらどうする?

親分、おつとめ、ご苦労様でした。(あ、ムショじゃないって?)ヽ(´Д`;)ノ

22年後、果樹がいっぱい実って近所の方の楽園になってるといいね~~。その景色を想像するだけで ワクワクだよ。

こんな大役よく果たせましたね。えらいなあ。わたしにはぜったいむり。
22年後、ぜったい生きてますよ。だけどもう大役はむりなんじゃなあい?神様に近い存在になってることでしょうね。

来年果樹を植えれば22年後にはたくさん生っていることでしょう。
22年後に遡って今を思い起こせられますかね。
八幡様のお祭りが記憶を思い起こすきっかけになれば良いのですが。
イチョウの木も雌の木が面白いと思います。
多少匂いますが実を食べられた方が楽しみがありますね。

わぁ~厳かですね。

お疲れ様でしたね。伝統(?)をつなげて行くって大切ですよね(~_~)

母ちゃん帰ったで「買える・帰る・蛙」を、、、。

こちら、身内に不幸ありました。
ひかりちゃんに、ちょっと会えない日々続くかな。
どうぞ、お疲れ残りませんように、って癒し満載のお宅だった、、、。

ブログ村へお帰りの時に使ってね。
ありがとう
フリーエリア
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

飛花ぽん

Author:飛花ぽん
鉢植え果樹と、猫1匹の静かな日記です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR