怪しい猫の園芸 おいしいビワのとりかた

 

小さい頃は、山の畑にビワの木が、10本くらい植えてありました。

畑から畑へ続く道のほとりに、ずら~っと並んだ大木です。

出荷する訳でもなく、収穫もしないまま熟して落ちていました。

【山の畑】で思い出すのは、桑の実ではなくてビワです。

思い出も、三歩で忘れるひかり9歳。

DSCN6395 (640x601).jpg

そこで本日の怪しい猫の園芸は、ビワが食べたくなった時に役立つ、

おいしいビワのとりかた、初心者編をお送り致します。

【あ、猫又さん~カメラこっちで~す。】

DSCN6370 (640x480).jpg

あ、こっちですね、失礼しました。

では早速始めましょう。

DSCN5121 (447x590).jpg

まずは、横断歩道を渡る時のように、右・左・右をよく見て

DSCN6389 (445x640).jpg

念の為に、後ろも確認してください。DSCN6396 (528x640).jpg

そして、良く熟れた実を目がけて素早くバシッ!

DSCN6384 (540x640).jpg

大きく手を広げてテシッ!

DSCN6388 (508x640).jpg

いでたちは、このようなもので結構かと思います!

あくまでも、初心者を装ってください。

次回、常習者編をお楽しみに!

DSCN6381 (640x421).jpg

【猫又さん~それはまずい!ビワの盗り方じゃないですか~!】

だって~~~ビワ食べたいんだもん。

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

 



コメントの投稿

非公開コメント

ブログ村へお帰りの時に使ってね。
ありがとう
フリーエリア
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

飛花ぽん

Author:飛花ぽん
鉢植え果樹と、猫1匹の静かな日記です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR