FC2ブログ

鉢植え果樹 もっとひかりを!(2)

やっぱり夏はスイカとメロン♪

完熟・・・トマトのように
はっきり分かればいいんだけれど。
DSC_0400.jpg
スイカは難しいですね。
金のたまごですが、まだまだ
音は、コンコン♪
DSC_0430_20180728223219a07.jpg
休耕田へと景気よく這い出したツルが
雑草を見て、ドン引き。
ネットの上へ戻って来ました。
転がる物あり、ぶら下がる物ありで
楽しくワチャワチャです。
DSC_0437.jpg
DSC_0436.jpg

スイカから一番近い巻きヒゲが
完熟を示しています。
あとは、音ですね。
ぽ”んぽ”ん♪
熟れているんか?
身じろぎもせず、決断の時を待ちます。

・・・・・ま、きょうはやめておこう。
DSC_0429.jpg

母ちゃ~ん
野菜も頑張っとるん?

いえ・・・収穫以外には特に。

DSC_0422.jpg
スイカのほうが面白くなったんじゃない?
こんなに張り切って!
DSC_0425.jpg
ちゃんとやっているよ。
ほら・・・。

肝心な野菜の所がピンボケだよ!
かすみ草だけにね。

ヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ*`_´)ノ
DSC_0442.jpg
裏側がこんなことに~ブラックバルーンと
プリンスメロン。

DSC_0370.jpg

15度台のスイカが、あったんですいか!
15、1度!
お店でも、14度以上は見た事がないよ。

高級店や料亭へ行くんじゃない?
なるほど・・・銀座の千疋屋?
うちのも、万疋屋くらいへは出せるかな。

DSC_0391_20180728223218822.jpg

広報車が何か叫びながら回って来ます。
こちらは、&$#%&’)($#!#~~~
は、速い!
車のスピードが速すぎる!
こちらは・・・ってどちらさま?

何回か来たので、つなぎ合わせると
高齢者は
明るいうちに避難して下さい!

ということらしい。
選挙カーみたいに
大音量で、ゆっくり走らないと
肝心の高齢者が聞き取りにくいですぞ!

何だか、不穏な空気を感じたので
夕飯作りを中断し、菜園へ出ました。
これまで虫にもやらず、ケチケチ育てた
プラムを収穫しておこう。
予測のつかない台風が来ているらしいから。

DSC_0003_201807282232219b5.jpg
DSC_0005_20180728223222527.jpg
DSC_0007_20180728223224dda.jpg
台風が来る前に、収穫しました。
かぼちゃの白い九十九里と緑の九十九里
マクワウリ・キュウリ・プチぷよ・・・

ヘタポロリンで完熟な、プリンスメロン。
室内で3日間追熟した一番果は
糖度が19度ありました。
これらはどうかな?

DSC_0002_2018072822321681a.jpg

母ちゃんの菜園活動は
1年と2カ月になりました。
よく頑張っているにゃ。


にほんブログ村


プラムに敷かれた厳戒態勢と張った包囲網。



うちの鉢植えプラムは
軒下のぬくぬく栽培から
田舎の大地へおろされ数年目
やっと実が付き始めました。
6月中旬に採れるメスレーで
特徴は花が美しい・・・あ、そこ? σ( ̄∇ ̄;)

甘い香り漂う完熟頃には、梅雨の真っただ中!
虫に揺すられ、たかられ・・・全滅でした。
今年は負けませんよ。

どうでしょうか。
赤や茶色のカミキリムシにも突破できない
包囲網を張ったんですよ。

DSC_0211_20180712145058e8f.jpg
あれは何かと
近所のひとにも訊かれました。

DSC_0210_20180712144535b84.jpg


DSC_0219.jpg
虫は・・・いません。
遮光率25パーセントの防虫ネットなので
糖度と引き換えですが
確実に収穫出来そうです。
DSC_0216_201807121445372ec.jpg

大きな、サマービュートです。
DSC_0303_2018071409041698e.jpg
4個ついている大きな実は
個別包装で守っています。
DSC_0308_20180714070719691.jpg

果樹園発足から何年目?
いちじくは厳選して
レディホワイトと、ダルマティです。
DSC_0225_20180713053459fe7.jpg

そうそう、家に帰ると
シャインマスカットの鉢植えに
実が20房くらいぶら下がっていました。
でも、敵粒する時間がありません。
今年も激甘種ありの
まかない社員マスカットです。

DSC_0068_20180713055144dc9.jpg
このメアリーレーンも
落ちてしまっていることでしょう。

DSC_0062_2018071305514334d.jpg
田舎では、2個目のスイカ
ブラックバルーンレッドを収穫しました。
音が、指を跳ね返さない
ボンボンとボテボテの間だったので
ちょっと慌てました!
DSC_0204.jpg
6Kgと小ぶりなうえに
きゅうりがオバケだったので
ますます小さく見えますね。
DSC_0206_201807121445368c8.jpg
ちょうどいい!
DSC_0238_20180712144540f91.jpg
今回は熟れていたけれど
前回の糖度には届きませんでした。
種の色と糖度は関係ないのかな。
DSC_0242.jpg
水没したさつま芋の様子を
恐る恐る見て来ました。

あら・・・泥がまだついているわ。
後から降った雨が
洗い流してくれたかと思っていたのに。
DSC_0229_2018071214464285e.jpg
もう、大丈夫です。
これから挿し木苗を作って増やします。

DSC_0230.jpg
ランキングは
庭いじり・畑仕事へ引っ越しました。


にほんブログ村

スイカのポンポン♪そして大洪水。


苗を衝動買いした5月1日
帰宅後、慌てて鞍付きの畝を作り
スイカとマクワウリを密植しました。
あれから2ヵ月・・・
これでもか、というほど防鳥防獣対策をした
大げさな防御ぶりッコ。(。╹ω╹。)




DSC_0100_20180704170239a1b.jpg

と、久し振りに更新記事を書いていたら
外が騒がしくなって来ました。
出てみると、じいちゃんの菜園は
用水路から飛び込んでくる水で
池になっています。

急いで、家にあったU字溝を運び
2段重ねてバリケード。
これは、ほぼ収まった頃に写したので
完全水没していたさつま芋が
姿を現しています。
DSC_0166_20180708082359b09.jpg


道を乗り越えて来る洪水で
どうしようもありませんでした。

新規就農の若者が育てている
広い菜園を飲み込み、水が走り抜けます。

裏が、なだらかな森だからか
水以外は、何も流れて来ず
特に被害はありませんでした。

水路は満タンで、道と田んぼの境も
もう、分からなくなっています。
こんな大洪水は、私が中学生の頃・・・
そうね~20年ぶり?
エデンの東へも、なだれ込んで来ました。

せっかく育った、巨大な白い九重栗も
水没寸前です!

DSC_0105_201807070537154a7.jpg

一夜あけてこんな感じです。
畝の長さ、20メートルに
さつま芋を130本植えました。
隣は、挿し木で増やすための畝です。
じいちゃんの客人が、毎年
この菜園で芋堀大会をするのですが
今年は、じいちゃん入院中につき
私が植えました。
責任重大なので、気を遣いましたよ~。
品種は、紅はるかと安納です。

DSC_0190.jpg
エデンの東には
私の癒し・・・可愛いスイカちゃん♪

DSC_0172.jpg
そして、爆採れ茄子ピーちゃん。

DSC_0193.jpg

本来ならば、摘果する(らしい)
低節位に着果したスイカです。
追肥もせず、どんどん生らせています。

DSC_0113_20180708094710a7f.jpg
積算温度が、900℃位になり
巻きひげも
付け根まで薄茶色になっているので
大丈夫かな~。
音は、ポンポンとボンボンの中間!
で・・・勇気を出して採ってしまいました。
ブラックバルーン・レッドのスイカ4・6Kg。
ついでに、白い九重栗3・3Kg。

DSC_0199.jpg
まだ早かった?
DSC_0200_20180708082408b6d.jpg
DSC_0202_201807080824095cf.jpg
次に控えているのは
彗星と金の卵~


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

来てくれてありがとう


にほんブログ村

ありがとう

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

プロフィール

飛花ぽん

Author:飛花ぽん
鉢植え果樹と、猫1匹の静かな日記です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (610)
りんご (77)
メロン (7)
キウイ (6)
田舎 (21)
おやつ (6)
ミラベル (スモモ) (6)
桃 (11)
ぶどう (5)
さくらんぼ (桜桃) (5)
酢桃・プラム (10)
花 (9)
いちじく (4)
メロン ころたん・かわい~ナ (3)
レモン (1)
野菜 (23)
トマト (2)
果物 (5)
オリーブ カラマタ (6)
ウコン (3)
ハーブ  (2)
田舎の果樹園 (6)
水耕栽培 トマト編 (1)
うちの鉢植え果樹 (1)
家の鉢植え果樹・野菜 (2)
田舎の果樹園・野菜園♪ (24)

検索フォーム

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん